すそわきがに効く治療

すそわきがのニオイの原因をもとからとる

 長年、悩み抜いたすそわきがのニオイであっても、「いくら麻酔があると言っても、股の下の局所麻酔って、なんだか痛そうだな」などと、思わず尻込みしてしまうのではないでしょうか。そんな患者さんのニlズにお答えして、患者さんの肉体的・精神的ストレスを最小限に抑えるように工夫されたのが「カリフォルニア式麻酔」です。その名の通り、米国カリフォルニアで開発されたもので、先端医療や麻酔技術の分野で最も進んだアメリカにおける最新の麻酔法といえます。その長所を一言でいうならば、「体に負担をかけずに、麻酔効果も長時間持続する」というもの。

 

 従来の局所麻酔の場合、麻酔薬を注射する際、大なり小なり圧迫されるような注入刺激があります。そして手術中の痛みはなくても、手術を終えて麻酔が切れるころに痔痛を感じるのが通常の麻酔です。
「カリフォルニア式麻酔」では、これらの不安をほぼクリア。痛みを最小限に抑えることができた理由は、麻酔薬の浸透圧やphを人間の体液とほぼ同じに調節しているため、体に無理なく浸透していくからです。加えて、その効果が長時間持続することも大きな特長
です。そのため、手術中はもちろん、手術後も穏やかに麻酔効果を維持するため、術後の痔痛を和らげてくれるのです。
ワキの下という、非常にデリケートな部分への注射だけに、極端な注射嫌いの人でなくても、不安や抵抗があるかもしれません。そこで、どうしても麻酔注射に不安があるという方は、カリフォルニア式麻酔とは別の、さらなる処置をした上で、治療を受けることも
できます。いずれにしても、治療に伴う痛みは、あなたの想像を遥かに下回るものだと思われます。どうぞ、リラックスして超音波治療に臨んでください。


このページの先頭へ戻る