すそわきがに効く治療

すそわきが対策・治療最前線

 それでは「すそわきが治療」を受ける場合の手順をお話しましょう。
まずはカウンセリングを受けていただきます。「すそわきが」の治療では、カウンセリングは手術と同じくらい大切なことと考えているからです。
次に、自分自身で手術を受けるかどうかを決断していただきます。もちろん、その場で決める必要はありません。家に帰って、じっくり考えていた、だいて構いません。家族や恋人、親友に相談するのもいいでしょう。
そうして手術を決断されたら、後日、手術の日を予約していただきます。手順はそれだけですが、あくまでも患者さんご本人が納得のうえで、治療を行います。基本的に「すそわきが治療」では、カウンセリングと手術の日、合計二回クリニックに来て頂くだけで治療は
終了します。

 

ただし、お仕事の都合やお住まいの関係で、「一日で済ませたい」という方には、カウンセリングから施術までを、一日で終えるスケジュールを組むことも可能です。その場合、カウンセリングで「やっぱり手術を見合わせたい」という場合でも、キャンセル料などは一切発生しません。そして、手術の後はすぐに日常生活に戻れます。『超音波治療』は、手術によるダメージが極めて少なく、術後の回復が早いため、入院の必要はありません。
術後すぐは、お酒や刺激の強い食べ物を控え、激しい運動を避けるといった予防接種程度の簡単な注意事項はありますが、それさえ守っていただければ通院の必要もありません。
もちろん、手術の翌日から仕事をすることもできます。ですから、手術に伴う日常生活への支障はほとんどなく、手術を受けたことを職場や学校の仲間に知られることもありません。

 

入院も通院も必要もなく、一度か二度の来院で済むのが超音波治療です。
従来の手術では、数日の入院と通院が余儀なくされますから、この治療法がいかに手軽であるかがおわかりいただけると思います。
ただし、非常に稀なケースですが、中にはすそわきが治療が適さない患者さんがいらっしゃいます。人間の体、殊にデリケートゾーンの皮下組織は個人差が大きく、すそわきがの原因のひとつである汗腺類の硬度や分布範囲などから、すそわきがが適さないケースもあるからです。こうした患者さんには、別の手術方法を採用することになりますので、術後の通院が必要になることもあります。たとえ超音波治療の適用外だったとしても、高い安全性と確実性を兼ね備えた、あなたに最適の治療が可能ですのでご安心ください。

 

すそわきが治療の注意点

 「すそわきが治療」は数多くのメリットがありますが、その一つが術後の回復の早さ、つまり、患者さんの体への負担が極めて軽いことを意味します。とは言っても、外科手術には変わりありませんので、注意したい点はいくつかあります。どれも難しいものではありませんので、必ず守るようにしてください。
 「すそわきが治療」の切聞は数ミリと極わずかなものですが、皮膚の内側は広範囲にわたって治療をしています。そのため、術後は過度に腕を動かさない方が経過が良好です。お仕事は手術の翌日から可能ですが、荷物の上げ下げなど、腕を上下に激しく動かす動作は、なるべく避けてください。患部を濡らすことも避けたいことのひとつです。
 患部を濡らさないようにすれば、当日からシャワーや入浴はOKです。体や髪を洗う際にも幹部を濡らさないように注意してください。入浴の場合は、半身浴などがおすすめです。

 

回復の程度や早さは個人差が大きいので、患者さんによって注意点も少しずつ違いますので、手術後には患者さんごとに守るべき注意事項を各自お伝えしています。超音波治療の切開部はわずか数ミリです。それでも術後の経過をより良好にするためには、患者さんの協力も必要です。これらの注意事項はしっかり守っていただくと同時に、もし何か異常を感じた場合には、すぐにクリニックに連絡してください。

 

 

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る